同じメーカーのディーラーでなら車下取が有利と言える理由

同じメーカーのディーラーでなら車下取が有利と言える理由 好きな自動車メーカーがあり、買い替えるときも同じメーカーの自動車を購入する、という場合には、その自動車メーカーとの間に特約店契約を結んでいる自動車販売店すなわちディーラーに車下取をしてもらうことをオススメします。まずメーカー特約というのがポイントです。同じメーカーの自動車を引き取ってもらうということは、圧倒的に価格の面で有利に働くと言えます。もちろん、買取専門業者の中にも高い査定価格を提示してくれるところがあると思いますが、果たして大きな差が出るでしょうか。もしも気になるようでしたら、無料査定見積もりなどを利用して調べてみると良いと思います。ただし、下取車と購入新車があくまでも同じメーカーであるということが前提です。
自動車メーカーとの間に特約店契約を結んでいる自動車販売店すなわちディーラーでは、車下取のために基本価格を設定している場合が多いのも特徴です。下取に関しては、基本的に、どのようなメーカーの自動車であっても対象となっているわけですが、やはり同じメーカーであるということは強みとなっていて、基本価格設定でも高めの価格になっているようです。ただし高めの基本設定価格であっても、キズの付き方、損傷箇所の有無、修理状況などによって価格は変動します。いわゆる減額方式です。マイナス要素の分だけ、基本設定価格から引かれていく、というわけです。高いと思って期待していたら、そうでもなかったという場合は、おそらくは減額方式によるマイナス要素が多かったからと言えます。
忘れてはならないのが、車下取と新車購入の同時進行における、名義変更手続きの確認です。ディーラーは、とても親切に手続きを行ってくれるため、購入者は、ついつい諸手続きの確認を忘れてしまいがちになる可能性があります。信頼するのは良いことですが、やはり自己責任としての最終確認も大切だと思います。とくに名義変更は確認しましょう。下取してもらった自動車は、名義変更されていないと、そのまま次の取引に流れていってしまうため、思いがけないトラブルになることもあり得るからです。

おすすめ!



Copyright(c) 2022 同じメーカーのディーラーでなら車下取が有利と言える理由 All Rights Reserved.