ディーラーの提示価格でも車下取を納得するコツ

同じメーカーのディーラーでなら車下取が有利と言える理由 車下取における提示価格には、いくつかの憶測が出来ます。まず、担当者が、正確に自動車の価格判定が可能なのかどうか、という意味での提示価格です。例えば、同じメーカーであれば、本当に問題は少ないと思います。しかし、他社メーカーであったり、あるいは輸入車だったりすると、ディーラーにとっても実はリスクだったりするからです。つまり、提示価格が極端に低いなと感じられ時には、その価格のの提示根拠に、下取車の車種等にリスクがある、と思われている可能性が高いという事です。ですから、提示根拠を示してもらえるように、提示価格の説明を求めてみては、いかがでしょうか。このときの交渉態度は、安すぎるなどとおこらずに、冷静に質問するのが良いと思います。
ディーラーが下取車に示す提示価格は、下取することで生じるリスクを懸念しているからこその低価格という事も十分に考えられます。ですから、輸入車の場合や、人気の無い車種の場合には、それでも仕方ないのかなと思います。なお、輸入車、人気の無い車種等の査定価格はインターネットで調べて置けますので、事前調査は、しておきましょう。そのうえで、提示価格の提示根拠に、輸入車リスクがあること、不人気車種であること、などが挙げられて、それが事前調査と一致していれば、それはそれで納得しても良い気がします。車下取で重要なのは、高価査定を引き出す事ではなく、あくまでも新車購入費用への足しなのだということを忘れないで、冷静な交渉態度を心がけることが大切だと思います。

おすすめ!



Copyright(c) 2022 同じメーカーのディーラーでなら車下取が有利と言える理由 All Rights Reserved.